2007年08月24日

ワーキングホリデーで得られるもの。

ますます国際化する社会において、真の意味で「使える人材」を目指しましょう。

海外企業とも臆せずにやりとりできる能力を身に着けていれば、おのずとあなたの評価は高くなるはずです。

語学力だけなら、日本でも充分習得できます。

ではなぜ海外へ留学するのか。
それは、海外での数々の体験によって、広い視点とコミュニケーション能力を身につけることができると考えるからです。

学ぶことはどこでもできます。
もちろん、ここ日本においても必要充分な教育を受けることは可能です。

でも、海外へ飛び出して、見聞きしたり、体験したりしたことは、国内では得られない格別の経験になることは間違いありません。

そしてそこから得られるものこそ、あなたのかけがえのない財産になるのです。

オーストラリア留学を経験豊かな日本人スタッフが

無料でサポート。入学手続も無料で代行致します。

資料請求及びお問い合わせはこちらから!


posted by モトハチ at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワーキングホリデーの費用対策

留学先の具体的な情報収集、必要書類の取り寄せ、出願などの入学手続き、渡航手続きと、留学には多くの手順があります。

したがって、できるだけ早めに準備を始めることをおすすめします。 留学費用については大変気になるところですね。

アメリカに1年間の語学留学をした場合をひとつの例とすると、学費、滞在費、食費、生活諸経費、など全て含めると300万円以上はかかる覚悟が必要です。

資金の準備計画もしっかりと立てましょう。

ホームステイや学生寮などを利用すれば、滞在費をかなり安く抑えることができます。

ホストファミリーやルームメイトと一緒の生活になりますので、アパートメントの自由さはありませんが、それも費用対策と割り切ることが肝心です。

オーストラリア留学を経験豊かな日本人スタッフが

無料でサポート。入学手続も無料で代行致します。

資料請求及びお問い合わせはこちらから!

posted by モトハチ at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

留学の心構え

「交換留学」とは、ある一定の期間、海外でボランティアの家庭に滞在してその家族の一員となり、そこから通学できる地元の公立または私立の学校に通い、それら家庭、友達、地域社会に参加し、その交流を通して様々なことを体験し、学ぶ留学のことです。

しかし、なんとなく「海外留学」に憧れて出発する人も多く、留学が一般化している一方で、実際には情報不足によって留学に失敗したり、大変なものとして敬遠されてしまっているという現状もあります。

せっかく海外の空気に触れることができる貴重なチャンスなのですから、無駄にはしたくないですね。そのためには、その国の情報を十分に集めておくことも大切です。言葉はもちろんのこと、生活習慣が全く違う訳ですから、それも踏まえて留学の準備をしましょう。

アイエス留学ネットワーク

オーストラリア留学を現地から支援。 

無料で留学相談や入学手続を代行。 





トラックバック送信先
posted by モトハチ at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

留学の準備と計画

国際化する社会において、自分の新たなる可能性を見出そうと「留学」が注目されています。

海外の名門校で学んだり、その文化や風習に触れることで、グローバルに活躍できる素地を築こうという積極的な傾向ですね。

今や留学の形も様々です。

従来どおりの海外進学に加えて、短期間の語学留学や、現地で働きながら学ぶワーキングホリデー、さらには海外での就業を体験するインターンシップなど選択肢は多彩です。

最近の傾向としては、従来の正規留学よりも、短期間の留学の人気が高いようです。

いずれにしても留学となれば、費用も時間もそれなりに必要ですから、しっかりとした目的を持って、準備と計画をきちんとする必要がありますね。





posted by モトハチ at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交換留学と私費留学について

現在は留学にもいろいろな形があります。大学生の場合だと、大学が提携している姉妹校へ留学する「交換留学」と、大学を休学して行く「私費留学」という形があります。有名な。交換留学の場合だと、日本の大学にも学籍をおきつつ、現地の大学にも学籍を置くパターンになっています。

「交換留学」のメリット・デメリット、「私費留学」のメリット・デメリット、それぞれあります。どちらを選ぶかは自由ですが、どこの国、どこの大学に留学するか、学費、旅費、生活費のことなど、しっかり考えてから決めましょう。

「交換留学」のメリットはたくさんあります。単位換算ができたり、現地の大学には入学金を納める必要がありません。日本の大学を4年で卒業できる可能性もあります。現地の大学に入学するわけですから、専門的な授業を受けることもできます。

逆に「交換留学」のデメリットも考えてみましょう。交換留学の場合、留学地の候補が制限されますし、単位を取らなければならないので、自由な時間も少ないです。そういうデメリットの部分もしっかり考えて、充実した留学生活となるように準備しましょう。

留学に余計な費用をかけていませんか?

例えばエージェントへの登録料など。

オーストラリア留学へはアイエス留学ネットワークがサポート資料請求は

こちらから!



費用を抑えた留学






posted by モトハチ at 03:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワーキングホリデーとは?

ワーキングホリデーは、協定を結んだ2国間で、お互いの国の若者に相手国の文化や生活様式に対する理解を深めてもらおうという目的で発足した制度です。

それぞれの国に最長12カ月間滞在することができます。

この制度を利用するにはワーキングホリデー・ビザを取得しなければなりません。

ワーキングホリデーの魅了は「勉強・仕事・生活・旅行」の4つの大きな目的をすべて体験できるのが最大の魅力です。

ワーキングホリデーでは、滞在資金の不足を現地で補うための労働(アルバイト)が認められています。

国によっては就学や就労に関して制限がありますが、基本的にはどこで何をしても個人の自由で過ごし方は人によってさまざまです。

日本での主な渡航先はカナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリスなどで、ワーキングホリデーも認められています。

オーストラリア留学を経験豊かな日本人スタッフが

無料でサポート。入学手続も無料で代行致します。

資料請求及びお問い合わせはこちらから!


  ↓      ↓





posted by モトハチ at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。